英語を学ぶなら個別指導を受けるか、教材を使って自主勉強

英語マニア

言語

英語は、印欧語族の中でもゲルマン語派の西ゲルマン語群の言語です。
主にイングランド地方で発展した言語で、イングランド語と呼ばれる由来になっています。
現在では、イングランド以外にも英国で使用されています。

アメリカ合衆国、オーストラリア、カナダといった、英国の植民地であった国でも使用されています。
また、国際連合や欧州連合の公用語になっていたり、国際機関でも日常的に使われる言語です。
情報伝達に有利な事から、現在では各国の外国語教育の中でも英語は重要視されています。

母国語

英語を母国語としている人口は、文部科学省の発表によると、世界で二番目に多い約4億人とされています。
一位は中国語の約9億人で、それの半分以下という数字が出ています。
ただし、公用語としての人口は世界で一位という結果になっています。

英語を母国語とする人口が、世界で約4億人もいるのには、英国の移民や植民地政策の影響と言われています。
また、英国や米国が世界でも大きな影響力を持つ国に成長したという事も、関係しています。

日本

数ある先進国の中で、英語の教育が大きく遅れていると言われているのが日本です。
同じアジアの中国や韓国では、英語を第二母国語として使用しています。
しかし、日本では見たり聞いたりする機会がとても多い割には、話せない人の方が多いのが現状です。

現在、日本で行われている学校教育の授業では、完璧な英語を習得する事はとても難しいです。
しかし、英会話スクールで個別指導を受けたり、教材を手に入れて学習すれば習得する事が出来ます。


ニュース

2014/03/22
学習形態
2014/03/22
学習材